FC2ブログ
   
01
1
3
4
5
7
9
10
11
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

森田頑張る!

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
入口、ツン!

森田君がこんな写真を送ってくれました。
DSC_2051.jpg
兵庫県長谷大池です。

寒さが厳しくなるほど、水の色は碧深くなります。

そこに風花が舞っています。

使用した竿は、24尺だそうですので、竿操作も

ままならなかったと想像します。

釣果、セッティングは「へら鮒情報局」にupされていますので、

是非ご覧になってください。

「風花に持っていかれまいぞ 超長竿」
スポンサーサイト



冬の野池

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
ツンツン!

「釣り破れて山河あり、池早春にして枯葦深し」
IMG_3713.jpg

月刊誌「へら鮒」の表紙は、

発刊以来、たった一人の釣り人が写る絵で

飾り続けられてきている。

釣りは所詮、一個人の欲求を満たすがための、

しかし、満たしきれない不完全燃焼への欲望葛藤

であるからして、幾人と徒党を組もうが、所詮一人はひとり、

なのだということだそうだ。
IMG_3712.jpg
ここにもひとり、私に背を向ける「カモ科 星羽白(ホシハジロ)」がいる。

おまえも遠くシベリア方面から越冬のために

日本にやってきたのに、やはり一人なのかい?

それにしても、やはりシベリアよりは、日本のほうが暖かいのかい?

寒いのに水に浸かって、じゃんけんすれば「ぱー」だけかい?

そうか、一人じゃぁじゃんけんする相手もいないか。

えっ!!
IMG_3710.jpg
仲間いるじゃん!

泳ぐのが遅そいだけ、パーの犬かきでは遅ればすたい。

哀愁が漂う寂寞とした背に声を出しかけた自分が情けない。

えっ!!!!!
IMG_3716.jpg
こんなにい・た・の!

いたのともみ!

元AKB48!

でもやっぱりみんなでいたほうが、

断然暖かいよね。歌も上手く歌えるし。

遠く、何千キロも飛来してきたんでしょうね。

それもみぃ~んなで。

仲間がいて、支えられて支え合って命を繋いできたんでしょうね。

釣りも冬はつらいけど、春の来ない四季はないものね。

野池にやってくる冬鳥を観て、想うところがありました。

水藻奮戦記 3

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
入口、ツン!

自分のうどんを食べている間に、

午後の部開始の合図がありました。

素早く食べて、素早く後片付けをして

釣りを再開します。

「床休め」の第一投が大事なんですが、

またまたなぁ~んもありません。

結論を急ぎます。

この日は、たった、わずか4枚の釣果でした。

アタリ・サワリは一日で10回ほどありました。

色々やりましたが、今考えるとやっていない「手」が

ひとつだけあります。

例えば、30分間は

なじんだらすぐエサを切る、なじんだら切るを

繰り返すことです。

30分といわず、1時間でもよかったのです。

あとは、ひたすら待ちます。うどんだけで待ちます。

どうなったかは今となってはわかりませんが、

こんな手を忘れていたことが悔やまれます。

そんな、奇手を駆使しないと釣れないのは

残念ですが、季節は選べません。

4枚では、13番目くらいの成績でした。
CA3A0218.jpg
帰路の高速は、冬枯れの寂寞に包まれていました。

水藻奮戦記 2

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
まだまだ幕の内、ツン!

時々、竿が曲がるようになりました。

そのたびに、「おっ!」とか「おお~っ!」

と歓声が上がります。

それほど、珍しいことなんです。

でも、大概スレです。

あまりにもアタリがないものだから、

「フッ」とサワッタだけでいってしまうんです。

(こんな日はスレ厳禁)と自分に言い聞かせます。

時折、ウキが風にでも吹かれたようなサ・ワ・リがでます。

我慢です。我慢します。

「ムズッ」と押さえがありました。

手首を返すと、本式12尺が、綺麗に弧を描きました。

本年初べら、初ヒットです。

そしてもう一枚追加したところで、昼タイムとなりました。

鍋焼きうどんを四人前作らなくてはなりません。

大忙しです。でも、午後からジアイが来るそうなんで、

がんばります!

水藻奮戦記 1

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
今年もツン!

チームBIGIの例会報告をいたします。

1月4日、水藻FC二号桟橋を使用。

私は試釣できずのため、前日試釣組みの情報から、

段差の底釣りを選択。

念のため11尺、12尺、13尺の三本仕掛けを用意していきました。

抽選で引いた311番は、12尺でどんぴしゃだったので、

セッティングを急ぎます。しかし、寒い朝ですので、

まず珈琲を沸かさなくてはなりません。

あちこちから、「コーヒー、コーヒー」の輪唱です。

「♪静かな湖畔の森の影から~♪」

「♪かっこ~カッコ~カコカコカコ♪」ではありません。

コーヒーです。

湯を沸かし、五杯分のコーヒーを点てました。

ついでに、その残りカスで自分の分も淹れます。

すでに、スタートの合図がなりますが、あわてません。

バラケえさは、

*粒ペレF        30cc
*粒ペレG     30cc
*バラケルペレット 30cc
*ダイレクト 30cc
*水           120cc
*底力 60cc
という、添加剤ばっかしのものです。

絶対に上ずらない、漂わない、

下に下に落ちていくものです。

「ゼロっても怖くないバラケ」と呼びます。

クワセは、レンジタピ(ポンプ出し)と、

即席ウドン1対水0.5の二種類準備しました。

さぁ、やるぞと、右手グローブのマジックテープを締め直します。

でもぜんぜんサワリません。何投打ってもぜ~ん、ぜ~んです。

これでは、打つ手がありません。

もっと開くバラケを打ちたいところですが、

そんなことをすれば、逆効果になることは分かっています。

ヘラはいるのです。

食い気の乏しいヘラが、漂う麩に行ってしまうからです。

「段床は、昼からです。昨日も昼からバツバツでした」

九州から出戻りの「麻べぇ」(マルキューinst)が、

アドバイスをくれます。麻べぇには、年末にゴルフで

大敗していますので、素直に言うことを聞いておきます。

それにしても、なぁ~んもサワリません。

ピリッともしません。

あきらっ! ウキ壊れてんのとちゃうやろなぁ!

つづく、(と、思います。)

ニモで~す

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
 入口、ツン!

大みそか、突然家族が増えました。

「ニモ」です!IMG_3691.jpgもうひとつ、「みどりちゃん」もいるのですが、

恥ずかしくて出てきません。

ニモは、本当に癒し系ですね。

慶事の出足に癒しのニモのPhotoを

お贈りします。

よき、一年でありますように。

プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR