FC2ブログ
   
09
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

水藻、両ダンゴ!

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツン!

水藻フィッシングセンターです。
CA3A0204.jpg


ここ何週間かよく釣れていて、絶好調との評判です。

9尺チョウチン両ダンゴでやってみました。

道 糸 プロバージョンV 0.8号
ハリス プロバージョンV 0.5号 55/65cm
ハ リ 上下グラン6号
という仕掛けです。

エサは、

ペレ宙   120cc
バラケルペレット  60cc
水         120cc
グルダンゴ 240cc
ライト 120cc
と、しました。

7時前にスタート。この時点まで降っていた雨が止み、

西の空は雲が切れてきました。未来予想図です。

(写真の御方は、暑い暑いとテントで奮戦中)

しかし、アタリ出しが遅く、ライトを追い足しして

エサを軽くしてやると、10分ほどして受けが出るようになりました。

トップのつけ根で受けが出て、エサ落ち目盛の通過点付近が

勝負ポイントです。

10枚くらいはパタパタと釣れたのですが、

急にサワリ、アタリが乏しくなります。

「ペレ宙」をベースにすると、まず型がよくなります。

なおかつ、ペレ宙は非常にまとまりがあるエサなので、

使いやすいことこのうえないです。が、比重があるので、

最近の傾向として、分量が多いとヘラの反応が鈍くなる感じがします。

だから、120ccの1カップとして、あとは軽いグルダンゴ、ライトを

配合しています。

この日は、とにかくエサをいじくっていないとヘラの機嫌斜めです。

モヤモヤだけに終始するから、ボソっ気を出そうとして、

オールマイティを足してみましたが、エサの芯が壊れてしまうのか、

決定打が出ません。逆にグルダンゴと手水で「ペトコン」気味に

すると、タッと入ったり!

結局、ハリスを長く、エサも軽く、常にエサが動いている中に、

しっかりと芯残りするエサ状態を作ってやることが一番のようでした。

63枚、30.2kgの釣果でした。
おまけの写真です。
CA3A0203.jpg
スポンサーサイト



難しく面白い甲南

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村


ツン!

エサを打つと水面はこんな感じです。
IMG_2748.jpg
これが、今の甲南へらの池です。

だから、カラツンを食らうと
IMG_2747.jpg

頭と足が逆転して、へらが上がってきます。

水面直下にはわんさかへらはいますが、

2,3m下には、それほど寄りません。

IMG_2757.jpg
難しそうな顔が並びます。

「なんで・・・・・?」

声なき声が、そう聞こえてきます。

そんな気がします。

そんな気になります。

甲南は、今、より難しいです。

でも難しいから面白いんです。

釣る人は釣ってますからね。

プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR