FC2ブログ
   
04
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
18
19
22
23
24
26
27
28
30
   

毎月最終土曜日は甲南

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツン!ツン!


ウクレレトリオ
左の黒いウクレレ手に入れました!!!!1

そんな釣りに関係ない話しは別にして、

今日は甲南で「angling study」(釣り教室)です。
東山の街路樹は、ハナミズキ通りです。
はなみずき

蹴上(けあげ)の桜も終わりました。
蹴上
蹴上の浄水場は、これからつつじです。
浄水場

すべて、車窓から撮りました。(真似しないでください)

誰がするもんか!

京都を出ていく時のmy routeなんです。

甲南の釣り教室には、いろんな人が来てくれます。

今日は、森田君、高洲君、伊達ちゃんまで

きてくれました。

伊達ちゃんは、フレークマッシュ・至高の時と

グルテンダッシュの配合比率を

いろいろと探っています。

来週のダム湖用に研究します。

それでいいのです。

自分のやりたい釣り、あるいは

苦手な釣りと、各自何をやってもいいのです。

初回からずっと参加してくださるKさんは、

はじめ底釣りしかできなかったのが、段底も

上のセットも見るからに上達されました。

ミニ例会(競技会に合わせて3時間)も、

必ず賞品があたるようにしているので、

皆、緊張感を感じながらやってます。

IMG_1064.jpg

終わってからも、ああでもない、こうでもないと、

釣り談義は尽きません。
IMG_1065.jpg

毎月最終土曜日甲南で行いますので、

参加申し込みも何もいりませんので、

お気軽に来てください。(6:30に直接)


釣り料のみのご負担で、使用するエサやメーカーは問いません。

何かしらきっと得られるものがあると確信しています。



スポンサーサイト

巨ベラが潜むダム

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツン!ツン!アタッてください。


ダム湖の雑木林にも新葉が芽吹いてきました。
IMG_1053.jpg

ゴールデンウィークといえば、遠征釣行で

各地のダム湖に出かけたものです。

さて、ここはどこでしょう?

IMG_1055.jpg

スロープを使って、バスボートが降りてきてます。

こんな「ひな段」もあります。

IMG_1056.jpg

銀山湖?

確かに似ていますね。

一庫(ひとくら)ダムです。

我が家から、40kmの距離です。

巨ベラが潜んでいますが、なかなか

口掛かりしません。

残念!

巨ベラの主、現る

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
ツン!でもチクッでも、お好きな方をお願いします。


2014041212460001.jpg
大変失礼しました。

先日載せたこの尺半・美ベラの主を発表します。

永遠の巨ベラ師「伊達 豊」氏です。

釣り場は、岡山県旭川ダム西川で、

エサは、こだわりの「フレークマッシュ」素練りでした。

PCメールの行き違いで、へら鮒の写真のみ送られてきて、

誰が誰のものだか分からずのままでした。

しかし、それではあのメールはどこいったのでしょう?

いまもって、行方不明です

シマノジャパンカップ関西大会

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
大きく、力強い「ツン」が欲しいですね!



朝、2時すぎに目覚ましで起こされました。
IMG_1029.jpg

3時に家を出て、4時に甲南に着く予定です。

本日(4/19)は、シマノJC甲南予選です。

甲南に着いた時は真っ暗でしたが、

やがて東の空が明るくなってきました。

IMG_1034.jpg

暗い中で、本部準備が進められていきます。

IMG_1037.jpg

4時半を過ぎるころから、出場選手もどんどん集まってきます。
IMG_1038.jpg
5時半には受付が始まり、最終集計参加者は、175名となりました。

7時、競技開始です。
IMG_1042.jpg
IMG_1041.jpg

天候には恵まれたのですが、

肌寒い一日です。

IMG_1044.jpg
IMG_1046.jpg
タンポポが満開です

花びらの開き方が、目いっぱいだから、満開だと感じました。

名も知らぬハーブ系のパープルの花も咲いていました。

11時に一回戦が終わり、12時から2回戦開始です。

そして、2時15分終了し、全国大会(友部湯崎湖)

へ出場できる5名が選出されました。

ここで、出場者の名前をだすことは、

シマノさんへの越権行為となりますので、

SHIMANOホームページをご覧になってください。

すみません。

上位の方達の釣り方は、浅ダナウドンセットです。

IMG_1050.jpg

最後にクリーンナップキャンペーンの撮影が行われました。


釣り後のリハビリ

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

祈!カラツン!


ヒサ、登場です!

IMG_1023.jpg
クロスバイク「centurion」号です。

ドイツ車で40年の歴史をもつ、我が愛車です。

釣りに行くと、ヒザ、股関節など、

特に腰から下のあらゆるところが、

痛くなります。

すると、このバイクで再度痛めてやる

のが最近の日課です。

あと、風呂に二時間くらい入ると、

翌日は相当ましになっています。

昨年9月に大水の出た、「嵐山」まで、

このバイクで15分程度です。

IMG_1017.jpg
定番の位置から、渡月橋を撮ります。

あの橋が被るまで水が出ました。

これより下流地域(我が家も含めて)人生初の

避難勧告が出されました。

すでに修復作業も終わったように見えましたが、

対岸(右岸)に渡ると

IMG_1020.jpg
まだ、護岸工事中でした。

この下流方面はこんな感じです。

IMG_1021.jpg
ベンチに腰掛けている人のところはまでは、

完全に水がきていました。

川の本流筋は、もっと大きく変わっています。

えぐれていたり、埋まっていたり、

自然の力は恐ろしいものです。

この下流部に京野菜を作る畑が広がります。

九条ねぎは、あれ以来めちゃくちゃ高いです。

当たり前です。流されました。

IMG_1027.jpg
しかし、これも自然の凄さですね。

菜の花は、すでに河原を埋め尽くしていました。

あの流れのなか、花となるべき種はどうしていたのでしょ?

見習うべき力強さです。

またまた尺半、美ベラ

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
 ツン!です。


またまた、腹パンの美ベラが

届きましたので、UPします。

2014041212460001.jpg

やっと釣れた、津田干。

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
ツン!ツン!いってください。


皆が差し入れしてくれた、

おにぎり、コーヒーで30分ほど休憩しました。

津田干は朝から「ハタキ」がすごかったのですが、

昼になっても、あっちで「ゴボッ」
こっちで「ガバッ、ガバッ」ととまりません。

しかし、なのに、私のウキにはまだジャミアタリ

すらないのです。

でも全然苦にならないのは何故でしょう?

エサ打ちが楽しい?

周りの風景がいい?

天気がいい?

理由は釈然としませんが、

6時半から昼の12時まで

ノーアタリでも、テンポよく

エサを打ち続けています。

右隣りの方が大きく竿を曲げました。

IMG_1009.jpg

今度は、左の方です。

IMG_1012.jpg

私のウキは、ピクリともしません。

(ウキに水が浸んでいるんかなぁ)

いろんなことを考えてしまいます。

1時半、いきなりツンときました。

カラツンです。しかし、何の前ブレもなく

のツンにすかさず反応したのは、

自分で自分を褒めたい気分です。

(まだ、言うか)

でも、約7時間めのツンです!

左右どちらかに流れがあります。

いま、それが止まっています。

底には枯れ葦や、藻があり、ウキにはシモリがでます。

シモリのなかに、「モゾッ」がありました。

初ヒット、初津田干ベラが、来ました!IMG_1014.jpg

型は尺チョイですが、正真正銘の「純ベラ」でしょ。

7時間半かかって、尺一枚です。

今年は、49.3cmまで出ています。

昨年は、50cm上も出ました。

どちらも同じ釣り人です。

乗っ込みはやっぱりびわ湖ですね。

oh my mind

葦際にゴボッ!

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
ツン!と力強く


「津田干」デビューしました。

ちょっと、恥ずかしいです。

びわ湖大橋で、サンライズを迎えました。
IMG_1008.jpg
東岸に渡り切って、湖周道路を北上します。

車の中から明けゆくびわ湖を撮ります。
IMG_1007.jpg

何度この景色に惑わされたことでしょう。

釣り人にとっては、まさに誘惑と呼べる

風景です。

IMG_1016.jpg
近江八幡は、水郷の里。

さすがに田舟に揺られて嫁に行った、

というご婦人は我々の年代にはいませんが、

子供のころは、田舟で農作物や荷物を運んでいた

経験を持っている人はいます。

私も高校生の頃、田舟で通学していた

同級生がいましたよ。(ふる~っ!)津田干も、その水郷のひとつです。

津田干
6時前に到着したのですが、主力ポイントは満員。

なんとか駐車もできそうな場所を確保して、

釣台を敷きます。

前に広がる葦際を釣るのですが、17尺しかなく、

これでは1尺長いので、やや斜め向いて打つことにしました。

水深は、ウキ下70cmですが、少し手前だと1m以上あります。

手前より一段上の浅いほうがいいのです。

セットグルテン 40cc
  水     50cc
の単品でスタートです。

6時半エサ打ち開始。

何投かに一回は、前の葦に引っ掛かります。

それほどギリギリに打たないとアタリは

貰えないと言われています。

ついに、オモリまで葦にからみ、はずせません。

まっすぐに引っ張ろうと奮戦していたら、

隣りの親切な方が、

「西田さん、これで取ってあげましょう」と、

鮎竿の10mを伸ばしてくれました。

硬硬調の竿先に針金フックが付けてあって、

一発ではずせました。

なにより、急に名前を呼ばれたので

びっくりしたのですが、見ず知らず

の親切な方です(名前を聞くのを忘れました)

「ここでは、葦に引っ掛けるのはあたりまえなので、いつも用意しているのです」

釣り人は皆、いい人ばかりです。
その後、どこから聞きつけたのか、

まず、Tさんが「釣れてますか?」と

訪問してくれました。

続いて、Fさんが「西田さん津田干初デビューですね」

と来てくれました。Kさんもです

Aさんは、飲み物とおにぎり持参で、

「初デビューおめでとうございます」と、花火まで打ち上げてくれます(チョイ誇張)

もうすでに11時です。一度もエサ打ちは止めていません。

エサも、グルテンに粒ペレSと、バラケルペレットを入れ、少しでも寄せを狙いましたが、

6時半~11時 ノーアタリです。


ここで、少し休憩(底休め)します。

超ド級美ベラ

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツン!これは食いです!

こんな写真が届きました。

あまりの美形に公開します。
040.jpg
釣り人は、阿川眞治さんで

高滝湖の49,2cmです。

詳しくは、「へら鮒情報局」にて公開しています

ので、ぜひご覧になってください。

津田干乗っ込み

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツンツンいってください!


お待たせしました。

春乗っ込み、てんこもりです。

まずは、野花から。
IMG_2318.jpg
IMG_2296.jpg
IMG_2294.jpg
蒲公英

こんな写真を見るだけで、ワクワクするでしょう!

今日行ったのは「津田干(つだかん)」です。

正式名は、八幡川の津田干拓地クリークです。
津田干
ここに見える車すべてが釣り人です。

もっとズームしてみます。
IMG_2298.jpg

もっとズームしますね
IMG_2314.jpg
もっとですか?
IMG_2310.jpg
こんな葦際にウキを立てます。

ですから、皆さん15尺~24尺まで

1尺きざみで竿を揃えています。

なかには、ここは5寸きざみでないと

釣れないという方もおられました。

こちらも釣れました
IMG_2311.jpg
私は、「もろこ」を狙います。

年に一度は、びわ湖の本もろこに逢いたいからです。

エサは、
IMG_2312.jpg
赤虫です。

最近は、ピンセットでつまみます。

びわ湖本もろこは、へらより釣れない

と言われています。数が激減しているからです。

と、キターッ!!
IMG_2304.jpg
もう満足です。

こんなもろこでも、一匹100円位で買ってくれます。

ひとシーズンにウン十万円稼ぐ人もいるそうです。

京都の料亭に行くと、目の前で七輪で素焼きし、

酢味噌をつけて食べます。

三匹ほどで1500円です。

大間のマグロも真っ青でしょ。

美味いまずいというのではなく、

希少価値ゆえのご祝儀なんでしょうね。

子供のころ、父ともろこ釣りにいって、

釣れた数を数えたことは、

いまでも忘れません。

「104匹」でした。

持って帰ってきましたが、

食べたのかどうかは記憶にありません。

その父は、今年2月に亡くなりました。

私は、びわ湖のもろこ釣りが、今の原点だと思っています。

ポカポカ陽気のひだ池

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

 ツンはツンでもカラツンはダメ!


甲南の凄まじい荒天候から一変、

ひだ池は、初春の快晴です。(バンザイ)

鴨もいます!

ひだ池の鴨
やっぱり、パーで気持ちよく泳いでいます。

その嫁

こちらは、その嫁です。(たぶん)

子供はまだのようです。

ひだ池は、季節風にも強くて本当にポカポカ陽気の

気持いい釣りができました。

16尺の段差底。

特別なことはしていません。

バラケ&レンジタピだけです。

ただし、バラケエサにヒントありなんですが、

取材釣行なので、

それが出るまではここで発表できません。

あしからず。

それにしても、釣れるヘラは

すべて玉網から尾っぽがはみでる

大型ばかりにびっくりです。

ひだ尾っぽはみ出てる

ひだ池って、こんなに大きかった?

もう楽しくって楽しくって、ルンルンの一日でした。

こんな日もないとやってられませんよね。

プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR