FC2ブログ
   
03
1
2
4
5
7
8
9
10
12
13
15
17
18
20
21
22
24
25
27
28
29
30
31
   

甲南雨、アラレ!

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

チクッ!と小さくても力強く!


というわけで、(どんなわけ?)

甲南の釣り写真はありません。(ペコリ)

雨がミゾレに、次に雪に、

そして、アラレにどんどん

変身していきます。

アラレは、ミゾレに、ミゾレは

雪に、雪はまた雨です。

こんな天気は初体験です。

カメラを濡らさぬよう、必死です。

午前中の第一ステージは数釣れず、

午後の第二ステージは、数釣るも

型伸びずという結果は、

まさに、真逆です。

午前中に数釣って、午後は型狙いが

正解でした。

まあしゃぁないですね。

明日があるさ、明日がある。

若い二人にゃ夢がある。

明日は、快晴だそうです。
スポンサーサイト



NHCウィンターシリーズ甲南

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツン!と力強く食ってください


家を出る時は、満天の星空だったんです。

甲南に着いたら雨です。

IMG_0994.jpg

念のためと持ってきたテント、よかったぁ!

でも、車から出るのさえいやなんです。
IMG_0993.jpg

今日は、初参加の

「NHCウィンターシリーズ」です。

第一ステージは総重量、

第二ステージは5枚重量の総合順位

で勝敗を決します。

それにしても、悪天候でした。

雨、ミゾレ、アラレ、雪、

そして突風と、50年近く

釣りをしていますが、

悪天候5本の指に入るくらいの

激しい荒れ模様です。

したがって、写真も撮れません。

テントの中で、震えていました。

しかし、やっぱり釣る人は釣ります。

猛者(モサ)です。
IMG_0997.jpg
上位5名の面々です。

この日、大型はほとんど出ず、

短竿の1mから深宙をウドンセットで

数を釣って重量を、

その中から、少しでもいい型を揃えた

人達がよかったようです。

家の「木瓜ぼけ」は、何輪か咲き始めました。
IMG_0999.jpg
二題前の「巣離れ」の写真と比べてください。

春ですよ!

つづく。

釣り三昧

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

ツン!とどうぞよろしく。


明日から、釣り三昧です。

甲南、ひだ池と泊りがけで行きます。

そのなかで感じ取ったことや、学習したこと

などまたご報告します。

「すってんころりん」と転ばぬよう

気をつけます。

巣離れ

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
入口


IMG_0991.jpg
木瓜(ぼけ)の蕾が、パンパンに膨らんできました。

数年前、「滋賀県の長浜盆梅展」に

行ったとき、ぼけの自分のために

買い求めたものです。

このパソコンのすぐ横のベランダに

置いているので、毎日眺めています。

釣りと関係がない話しだと、叱られるので

ここからは釣りの話題です。
IMG_0977.jpg

色々なところで、何度も書きましたが

私が釣り用語で一番胸ときめくのが、

「巣離れ」という用語です。

「水ぬるむ」も大好きなのですが、

水ぬるむは、季語としても使いますから

一般的ですね。

やはり巣離れなんです。

長い、寒い冬からようやく解放される、

やっと今年も冬が越せたという、

素晴らしい希望が湧いてきます。

ひとつの目安が、

まず、奈良のお水取り(修二会)。

ここから、冬が去っていくのが感じられます。

確実に春めくのは、選抜高校野球からです。

ヘラも巣離れします。

そして、木瓜も花開きます。

今年もやっと冬が越せました。

新ウキできたぞ~!

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

entrance
自分のミスで勝負ウキを折ってしまいました。

私は、「彰作」銘のウキを使っています。

IMG_0986.jpg


作者は、井上彰君です。

もう、うんざりするほど、40年の

つきあいなんです。

ほぼ、嫁との結婚年齢と同じです。

嫁とは、うんざりしていません!

新しいウキの完成です!

IMG_0985.jpg

以前のウキと並べてみます。

IMG_0989.jpg

左が旧ウキで、右の白いのが新ウキです。

新しいウキだけに、心もウキ・ウキなんて

シャレは言いません。

でも浮き浮きしてきました。

(何か、横にちょこっと写っているのはなんぞや?)

正解は、また次回に。

必見!ヌキセット

blogmura.com/hera/">にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

底釣りの食いアタリのように、小さくてもいいから「チクッ」とお願いします。



釣りが上手い人は、総じて手返しが早いです。

私は、そう思っています。

それは、カッツケに限らず、底釣りでも

エサ打ちから、ウキが戻って、合わせるまでの

テンポが速いものです。

ヘラ竿掛

まあ、カッツケ(浅ダナ)で、ジィ~ッと待ってる

人はいないと思いますが、底だとやはり

知らず知らずに「待つ」こともありますよね。

底釣りは、基本的にウキが戻ってからの

アタリですので、どうすれば早く戻る

のか、ということを突き詰めていく

ことが、早い釣りになると思います。

糸のテンションを早く解いてやる。

シモリを解いてやる。

戻りが早いズラシ幅を探る。

エサの大小、硬軟も探る。

このような作業をいち早く

やることだろうと思います。

まあ、底釣りで待って、待って

釣れる時というのは、一日やって

数枚程度の釣果ですもんね。

さて、浅ダナでの早い釣りというと、

やはり近年は、「ハリスの倒れこみ」

で、食いアタリを出す釣りでしょう。

その中でも特に「ヌキセット」は、

ぜひ、マスターしたい釣方だと考えます。

井上 彰氏が、ヌキセットの核心を

非常に分かりやすく解説していますので、

以下のページをご覧になってください。


http://www.morris-hera.jp/

必ず、お役にたてると核心を確信しています。(シャレにプッ!)

反省と言い訳の甲南 Ⅱ

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

チクッとお願いします



勝負ウキの足が折れました。

ゴム管に差す時、無理したからです。

しかたなく、ふたまわりも大きなウキ

しかなかったので、代用しましたが、

違和感が消えません。

ウキケースを探して、小さなウドンウキに

替えましたが、今度は小さすぎます。

段底ですので、重いバラケをト使っていたのですが、

全然、こらえてくれません。

この時点でスタートからすでに2時間

経過していました。

バラケを変える決断をしました。

*宙バラ     240cc
*ペレ宙 120cc
*サラ      120cc
*水       120cc

という、軽い大きくバラケるエサです。

もう、おわかりですね。

このバラケを打ち始めるとサワリは出るのです。

そして、たまには釣れます。

でも、宙に漂うようなエサは絶対に打ってはだめだったんです。

底近くにいるヘラが、全部上を向いてしまうのです。

両ウドンが釣れるようなジアイの時は、

バラケ禁物です。

こぼれ麩ばかりに頭が上に向き、

底のクワセは知らん顔です。

こんな時は、底に溜まる重いエサでした。

一生懸命考えた

ダイレクト・底一番・バラケルペレット・キープ

という配合も台無しです。

IMG_0981.jpg

この御方、ようけ釣らはります!両ウドンです。

IMG_0983.jpg

こちらは、新ベラです。両ウドンです。

どうしてでも、軽いバラケの段底で釣ってやろう!

と、意地になりました。

結果、ここ数年でこれほど落ち込んだことは

ありません。

なぜ、代用ウキを持っていなかったのか?

近くにウキ作者もいたのに、借りれなかったのか?

最初に考えたバラケで通すことはできなかったのか?

こんなに落ち込んだことはありません。

絶対に釣りたかったのです!

ポジティブに、またこれほどの情熱を

与えてくれた、というように考え直します。

反省と言い訳の甲南

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

↑ ここポッチンお願いします


いつもご訪問有難うございます。

関西風に言うと

「おう、よう来たの、われ!」ってことになります。

よう来てくださったのに、いい話しはございません。

反省、言い訳ばかりでございます。

でも、釣れた釣れたとホラを吹くより、

正直に釣れませんでしたと、

反省を込めて、次回への巻き返しを願うことこそ

恩返しだと思っています。

時間経過を追って綴ります。

3月2日、BIGI例会 in 甲南へらの池2号桟橋内向き。

この日は、池の月例も重なり、

ほぼ満席です。
IMG_0980.jpg


前回発表したとおり、考えに考えたエサ、仕掛けと

準備万端です。それだけ燃えています。

抽選でまず思い通りの釣り座に入れました。

10尺、段差の底釣りです。

仕掛けは、
道糸VARIVASスーパーへらピンク0.7号

ハリスプロバージョンV 上0.5 10cm グラン5号
           下0.3 55cm グラン1号

ウキ 彰作ボディ8cm 細パイプトップ

<バラケエサ>
バラケルペレット 30cc
ダイレクト 30cc
底一番  60cc
 水      120cc
キープ 120cc

<クワセエサ>
レンジタピ(ポンプ出し)

です。

ところが、ここで最初の「すってんころりん!」です。

ウキをゴム管に差し込む時、足を折ってしまいました。

この水深に合わせたウキで、代わりはありません。

オモリ調整も済ませていたものです。

ずっと、段底で使っていたものです。

がっくりです。

次はふたまわりも大きいウキしかなかったのですが、

それで代用しましたが、なんとも言えない違和感は

消えません。

釣りは格好から入れ! と言いますが、

格好とは何も服装のことだけではありません。

道具、仕掛け、エサすべてが格好良くないと

プレイそのものに身が入らないのです。

いい竿だと釣らなければという、

気が漲りますし、竿掛け、万力、玉網

すべてがそうです。

仕掛けも美しく作ってあれば、

気分が全然違います。

エサもそこにあるものを使っていては、

構築すら不可能です。

ふたまわりも大きなウキでは、

全然、気が乗りません。

スタート合図があり、とにかく、始めました。

アタリません。

これはウキのせいだと、

この時点でもう決めてかかっています。

「ウキおおきいな」隣りの勝彦さんからも

指摘があります。

ウキケースから、長年使ったことのなかった

ウドンウキを取りだして、替えることに

しました。

今度は小さすぎるのは分かっていたのですが、

前のが大きくて失敗したので、

より小さいのを選んでしまったのです。

極細パイプで、エサはのりません。

重いバラケは無理です。

ウキ、エサのバランスは微妙すぎる

くらい微妙です。

この段階で、深い陥穽にはまり込んで

いったのです。   つづく。









プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR