FC2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
   

angling study バスプロ佐藤氏

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村

23日、甲南へらの池で恒例の「angling study」を行いました。毎月最終土曜日にやってますので、お気軽に参加してくださいねっ!参加費なんぞは何も要りませんし、申し込みみたいな邪魔くさい手続きも何も要りません。当日、朝6時半に甲南まで直接来てください。どなたでもOKです。釣料金のみご負担ください。それも、ミニ競技会の賞品で元が取れるかもしれません。
その、ミニ競技会で優勝したのが、バスプロ佐藤順一氏です。
佐藤順一バスプロ
へらを始めて、まだまだ日は浅いのですが、根っからの釣り好きが嵩じて、本職(バス)のみならず、内職(へら)もよく釣られます。暖かくなれば本職が忙しいので、今の間にへらを釣りまくると頑張っておられます。
琵琶湖のバスガイドの折にはぜひご指名してあげてください。へら・バスともにご健釣を祈っております。
スポンサーサイト



ウクレレ&へらぶな釣り

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
まずはこの写真を見てください。(
新ウクレレ
めっちゃ、かっこいいでしょう!Ibanezギター形のエレクトリックウクレレなんです。
木目も鮮やかですから、同じものは世界にひとつしかありません。音質も今までのモノより柔らかで、内にこもるというか、深みがあって超お気に入りです。(ブックマークです!)
しかし、ここだけの話し、嫁には内緒ですので他言は一切無用です。くれぐれも。
ウクレレの欠点は、ナイロン弦が伸びたり縮んだりしやすいので、毎回微妙なチューニングが必要な事なんです。このウクレレも、二曲ほど演奏するともう音程が狂ってきますので、一度楽器店のインストラクターに相談したことがあります。そこで得た答えがなんと、「ナイロン弦ではなく、フロロ系の弦が開発されればこの問題は解決されるでしょう」とのことであったのです。もう、お分かりですか?ナイロンかフロロかっていうたら、お任せやん!任しときなはれ!ですわ!(ようやく、釣りの話に近づきつつあります)
バリバスは、糸屋が本職でっせ!ナイロンでもフロロでもなんぼでもあるんだす!それこそ、売るほどありまっせ。それも、細い細いのから、クジラ釣るぐらいの太い太いのまで、伸びもせずもちろん切れもせず、どんな色でもありますのんや。ちょっと、技術の人に相談したら、オチャノコサイサイやと思うわ。去年もへらぶな用フロロハリスも出てるこっちゃしねっ。
ちなみに、私がウクレレで演奏できるのはハワイアンは一曲もありません(
フォークソング・童謡唱歌・演歌・ムード歌謡曲全般です。最近曲では、ゆずの「栄光の架橋」&福山雅治の「家族になろうよ」ぐらいです。(別に最近曲でもありませんが・・・・)
あっ、こんなんも知ってますよ!
月光仮面
月光仮面です!
我が幼少の頃の絶対的ヒーローです。こいつが、フロロ使わすと上手いんですね!モンコイカ、アオリイカ、タコをフロロでよく釣るんですが、この日は段差の底釣りで死んでました。
甲南は、イマイチ調子が上がりません。もう、半月ほどの辛抱ですかね?水温も低いし、雪混じりの寒い一日でした。
袋瀬
しかし、月光仮面、いや、健ちゃんは一日やって10枚の釣果。このスタイルはやっぱりサマになってますよね!
意外と、本当に意外とこの日良かったのはチョイ沖目の宙釣りセットだったんです。
芝原
芝原明次君は、ウドンセットでこんな美形のへらをおよそ20枚程度。今年から、リアル・ピークという会を立ち上げて頑張ってるだけのことはありますね。
なんか取り留めのない話になってしまいましたが、ウクレレ⇒フロロ⇒へらぶな釣りと、案外うまくいったじゃありませんか!

えっ!バラケにH?

a href="http://fishing.blogmura.com/hera/">にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
本日は、ちょこっとだけいい話をするつもりです。(ほんまかいな
我々釣り人は、厳寒期だから魚の寄りも悪く、大きくボソボソのバラケがいいと考えていませんか?フナ族は、水温も5度以下になると、ほとんどえさを口にしません。いわゆる、仮死状態に入るのです。家で飼っているらんちゅうも、12月中旬頃より3月初め頃まではえさを切りますし、もし、与えすぎると春先には死んでしまうからなんです。管理池でも、春先には大量のへら鮒が死にますが、あれは冬の間よく働いた(えさを食った)からなのです。摂取消化機能と運動のバランスが崩れてしまうんでしょうね。だから、へら鮒達も身を守る自己防衛本能と、これも身を維持するための食本能のはざまで葛藤を繰り返しているのでしょう。食いたいけれど、食いすぎたら死が待っているということを知っていて、えさを口にしているんです。そんな状況の中で、バクバク食うこと自体が変でしょう!目の前に、ゆっくりと、何度も何度も繰り返し落ちてきた小さなえさのみに、否応なしに食っていることに他ならないのです。この時期の釣り方を振り返っても理解できると思います。小さなハリに、細いハリス、そして長い長いロングハリス、小さなウキ。すべて、えさをゆっくり落下させるためです。らんちゅうに仁丹粒大のペレットを落としてやっても、何度も何度も目の前を通過するのみでなかなか口にできません。大体、フナ族はえさを食うのがへたくそなんですね。だから、厳寒期のバラケえさは、「チリチリと細かく、ゆっくりピンスポット」にバラケるえさが必勝アイテムなんです。これに絶対の自信をもってお勧めするのが「単品爆釣トロロのバラケH」なんです。コマーシャルではなく、いいものはいい!という信念でこの冬使い続けています。このえさに出会った時、ハリ付けやすさに、まずびっくりしました。かねてから、前述したとおり冬用バラケに疑問をもっていたので、すぐに「これだ!」とピンときました。食わせえさがトロロの場合には、だいたい細かくバラケるえさを使うのは常識ですもんね。一度試してください。とりこになることご注意です。

モーリスへら鮒情報発信中!


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポッチンお願いします。
バリバス・グラン・ベーシックでおなじみの(株)モーリスのHPが現在リニューアル工事中です。ほんの少しだけそのお手伝いをさせていただいています。へら鮒コーナーを充実させるため、別窓を新設し、その中にとれとれ情報を満載させようというものです。現在はフィールドレポートとして、関東・中京・関西の主力釣り場を書き込み中です。現役のモニターが釣りまくり釣果を、できるだけリアルタイムにお届けします。そりゃ時には失敗談もありますが、それはそれで参考になるはずです。ご期待ください。そして、一度はご訪問よろしくお願いします。
(ペコリ

プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR