FC2ブログ
   
01
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
   

甲南。段底のつづき

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
甲南へらの池での「段差の底釣り」続きです。
26日(土)毎月最終土曜日に甲南で開催している、「Angling Study]のpc版だと思ってください。今月のテーマは、特に決めていませんが、最近の甲南では底でしかアタリが出せない状態が続いていますので、「底釣り」ということにしました。集まってくれた生徒さんはほとんどが11尺段底ですが、二人ほど、15尺バランスの両グルテンという方もおられます。この日は寒いのはあたりまえとして、風が強く、右に左にあるいは前後に複雑な流れが出て底釣りには全くもってやりにくい日です。まず、このような時はムクトップのウキはダメ、そして、「シモリ」が出るから、ウキと穂先の道糸に余裕をもたせます。私のバラケえさは、
*ミッド・・・・・・・360cc
* H ・・・・・・・120cc
* 水 ・・・・・・・120cc
で、一旦仕上げたうえに、
*粒ペレS・・・・・・ 60cc
* 水 ・・・・・・・100cc
を、別ボウルに作り、先ほどのえさに足します。かなり、柔らかく仕上がります。
食わせえさは、
*即席うどん
の、ポンプだしです。
午前中は、前述したとおり、流れやら、それによるシモリやら、寒さやらでわけも分からずでした。ようやく、昼飯時に考え方を整理できて、皆とディスカッションすることにしました。12時30分から3時までは、ミニ競技会でフラシを入れます。道糸の上部を20㎝足します。ハリスの段差は15㎝&50㎝です。針はうどん2号にしました。強風の中にも一瞬止まって水面が鏡になる時が勝負と決め、それ以外はリズムよくえさを打ちます。へらぶなも一定期間動いたえさが落ちてこないと見向きもしなくなるからです。結果、フラシには5枚入ってトップに、ホットしました。
毎月、最終土曜日には甲南にて開催していますので、ぜひ一度遊びに来てください。参加自由で申し込みもなにもいりませんし、使用えさも自由です。参加費も釣料のみです。初心者の方はもちろん、ベテランの方達も必ずや何かしら得るところがあると確信しています。今回、写真がありません。デジカメの充電を失念していたうえ、携帯も家に忘れてしまって一枚も撮れませんでした。(と、ほ、ほ、、、、)です。
スポンサーサイト



甲南へらの池・段差底

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村 
 
今、関西の管理池で満足得られる釣果の出るところは、まずないでしょう。(私だけかな?)
甲南へらの池も、すでに5トンもの新べらが放流されているにもかかわらず、ひと桁釣果があたりまえとういう状態が」続いています。たまに竿が曲がっても
ごめん!尻尾でした
尻尾!!
だったりして、フラシには全然入りません。
京滋湖水会の初例会では、ゲスト参加の斎藤心也さんが、6㎏でトップ。斉藤心也君釣る
8尺チョウチンのセット釣りでした。
バラケ&食わせ、分かります?
バラケと食わせの段差わかりますか?ちなみに下バリは70~80㎝とのことでした。井上くんは、1mまで伸ばして数枚拾っています。斎藤君とは同じほどの枚数だったんですが、ポイントの差でしょうか、型が全然違ったようです。私は、新作「煉11尺」の段差の底釣りです。バラケえさは、H120㏄+C360㏄+水120㏄で一旦仕上げます。別ボウルに粒ペレS60㏄+水120㏄を作っておき、先のえさに合体させます。はじめはドロドロですが、徐々に締まってきます。食わせえさは即席うどんのポンプ出しです。午前中は3枚で、午後からようやく置きえさが効いてきて7枚、計10枚の4、2㎏でした。新べらは一枚も釣れず型悪かったんですが、なんとか4位でした。こんな我慢の釣りがまだふた月ほどは続くのでしょうか?でもこの苦労が面白いのもへらぶなの魅力です。またがんばります!

BIGI初例会より。

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
たいして釣れていないのに、「釣れた!釣れた!」という記事を書くのは厭なので、今日は正直に貧果のご報告です。反省の意味も込めまして、同じミスを犯さないように、皆さまの好釣を祈念しまして、拙文を繋げます。
(てへっ!ちょうっと硬かったかな?)
まずは、がっかり顔の本人です!
惨敗です!
6日(日)本日は、チームBIGI初例会です。俄然、燃えます!
朝、2時半起床。これだけでも、燃えている気配がガンガン伝わってきますでしょう!水藻FCには、5時半到着。(集合は6時半なので、なにもこんなに早く着かなくてもいいのに)
今日の作戦は、18尺バランス底で、えさは両グル。前回のブログで報告した通りの作戦です。ただし、この戦法は他人はら聞いたことをそのまま鵜呑みしただけで、一度も試釣していません。これがまず失敗の元でした。
えさの、両グルは、「やわグル30cc+水40cc+粒ペレS」です。
IMG_0407.jpg
厳寒期だけに、あまりヌケのいいえさは、へらぶなを逆に拡散させます。かといって、それでなくてもアタリが少ないから、粒ペレSをまぶすことで、じっくりと寄せ効果を期待します。このあたりのコンセプトはばっちりです。(自画自賛!)
しかし、一枚目が釣れたのは開始2時間経ってからのことでした。(シュン””)
11時の午前終了間際にもう一枚追加して、計2枚です。とにかく、アタリが出ません。えさを打ちすぎてもだめ、かといって待ちすぎてもだめということで、リズムだけを考えましたが、なあ~んもアタリませんでした。
しかし、同じ18尺の健ちゃんは違います。いわゆる「つぬけ」達成です。本人いわく、試釣に二回来たこと、場所をピンポイントで知っていて、自分が座っているところは馬の背のカケアガリだから、ヘドロが溜まりにくく、底が綺麗とのこと。潜って見てきたから間違いないそうです。確かに、底釣りは「一席違いは大違い」とはいいますが、それにしても、たいしたものです。
健ちゃん良型
数も釣るうえに、こんないい型までゲットしました。(くそっ!)
玉網からはみ出た
玉網からはみ出てるでしょう!
午後から、猛追したのが、ご存じ「段床の名手:平井さん」です。平井さんは私と同い年で温厚な紳士ですが、狩猟もやる超アウトドア派です。段差の底釣りが大好きで、真夏でも段差床をやります。私も段差床はセット釣り感覚でやれるので好きなんですが、今日はバラケの打ちすぎは絶対ダメと頭から決めてかかっていたのが、大きなミスでした。「バラケにセットバラケDを多用して、へらの頭を下に向けさせることだけを考えていました」と、平井さんはずっと我慢して、午後一気に開花しました。
午後猛追!平井さん
自分の技を信じて、貫徹した結果です。
逆に私は午後から、13尺バランス底、段差底となんの情報もないまま、とにかく目先の釣り方を変えたいだけで無為に時間を費やしてしまいました。
反省
①試釣もせずに、他人のうわさ的情報で作戦を立てないこと
②冬だからバラケを打ちすぎてはいけない、などの固定観念に縛られすぎないこと
③切り替える(釣り方を変える)ならば、もう一度、自分の考えをしっかりとまとめてから動くこと
何年経っても、何年この釣りに埋没しても、まだこんな基本すら分かっていない自分を見つけてしまった初例会でした。(合掌)

ただいま準備中

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村今日は、ゴルフの予定だったんですが、朝一番にゴルフ場から電話がかかってきまして、雪のためクローズとのこと。残念!京都市内はすごくいい天気なんですが、少し北部にいくと大雪らしいです。やることがないので、本日は6日の初例会(水藻FC)に向けて仕掛け作りをします。作戦では、長竿のノーマル底を考えていますので、16尺(閃光XX)と、18尺(凌)の二本作ります。あと、防寒グッズの整理もしたいと思います。寒くては釣りになりませんからね!皆さんも、初釣りは済みましたか?寒さに負けず、今年もガンガン釣りまくりましょう!

プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR