06
1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

福富大祐の両ダンゴ

へら鮒情報局 angling17 「福富大祐の両ダンゴ」がUPされました。

是非、訪問してみてください。

http://www.morris-hera.jp/
スポンサーサイト

両ダンゴ炸裂!新松池


にほんブログ村
ツン!

素晴らしい、夜明けです。
IMG_2254.jpg

私の釣座の右はこんな感じです。
IMG_2255.jpg

左はこんなんです。
IMG_2256.jpg

後ろはガラガラです。
IMG_2257.jpg

それにしても、雲一つないいい天気に、心もワクワクしますね。

ウキも見えません!(=゚ω゚)ノ(゚д゚)(;_;)
IMG_2258.jpg

お約束通り、といっても誰とも約束していませんが、

10尺チョウチン両ダンゴで、炸裂(さくれつ)しましたぞよ!

なんと、二番目で最初の検量でと抜群のスタート。

ちょっと自慢に、エサ配合書きますね。

グルダンゴ   240cc

ベーシック   120cc

オールマイティ 120cc

水        140cc

というものです。

なんせ、ブルーギルが多いですから、この配合でも

ほとんどナジミは出ません。

ウキが立つ前に、相当叩かれているものと思います。

だけど、この配合以上のネバリは逆効果なので、

我慢して打ち続けます。

その内、ウキが立って一瞬トメがあり、

ハリスが張っていく途中に、フッとトップが沈みます。

一枚釣れると、次からはエサワークです。

トップの沈みが早いときは、エサの膨らみが少ないからで、

「グルダンゴ」を足します。

アタリが少ないと、ボソッ気を求めて、

「オールマイティ」を足します。

ブルや大型ヘラのアオリでエサが負けていると思ったら、

「ベーシック」を足します。

こんな作業を、2,3投ごとに繰り返し繰り返し、

マメにマメにやっていって、気がつけば、

一回目の検量 13枚 10kgでした。

ほら、型いいでしょう。
IMG_2261.jpg

はっきり言います。

この時点で、山○勝○さんは、まだボウズでした。

いや、ほとんどの人が大五郎(まだ三つ)でした。

IMG_2264.jpg
フッフ~ン、私メですぞ。

立ち上がるほど、大物ですぞ。
IMG_2266.jpg

突然話は変わりますが、「炸裂」と書きましたよね。

炸裂とは、爆弾が破裂することを言います。(広辞苑)

破裂する瞬間は、その破壊力は凄いものがありますが、

その一瞬が過ぎてしまえば、逆にシ~ンと、しじまが際立ちます。

炸裂でした。

炸裂で終わってしまいました。

原因はわかっています。

紫外線です。

曲がりに曲がったお肌を気にするあまり、

日焼け止めクリームを塗りたくりました。

そして、その手でエサを練りました。

エサに日焼け止めクリームの香料(ニオイ)が、

プンプンついたのでしょう。

私の顔には、エサのニオイがプンプンついたのでしょう。

次回からは、無香料の日焼け止めクリームを用意します。

BIGI6月例会 ㏌ 新松池からの反省でした。

軍師


にほんブログ村
ツン!

戦国時代には、

竹中半兵衛

黒田如水

島 左近
などが、名軍師と呼ばれた。

近年では、

秋山真之

瀬島龍三

児玉源太郎

辻 政信

源田 実
などなど、錚々たる軍師の名が連なる。

明日は、新松池で例会。

午前中は、10尺チョウチン両ダンゴで攻める。

午後は必ずジアイ落ちするから、

そのままウドンセットに切り替える。

両ダンゴの配合は、すでにインプットされている。

セットに替えた時のハリスセッティング、ウキのバランスもOK。

大作戦は完璧にビルドされている。

ある種、「軍師」の作業と呼んでいい。

事前の作戦構築作業者を軍師と呼ぶ。

私の場合は、あくまで事前の軍師だけで終わるのが、

唯一の欠点だ。

画餅軍師と呼ぶもいい。
IMG_1781.jpg

ハリ合わせ


にほんブログ村
ツン!

「ハリ合わせ」という言葉がある。

魚のコンディション、時間帯、水の状態で、適合するハリを

探す行為を、こう呼ぶ。

主に、鮎釣りから出た用語だが、さてへらに限定すればどうだろう。

はっきり結論から言ってしまうと、へらはアユほど些細なディテールを

究至しない。

へら針に必要なものは、

「支点・力点・作用点」の力の三要素が、しっかり確立されていること。

「ホソ・カル・ピン」と省略される、形感、質感が兼ね備わっていること。

以上に尽きると考える。

が、それが一番難しいのだ。

細いと曲がる。

軽くても曲がる。

ピンとしすぎると、折れる。

単純明快な矛盾どうしが、ここで喧嘩する。

力の三要素を考えると、形状的には従来品で、

出尽くした感があるので、あとは自分の好みなのだが、

へら釣りで一番気を使うのは、号数とハリスの太さだろう。

釣れる魚の大小、使用するエサ、そのエサを入れたい時、

いや、もっとフカフカさせたい時、これが、ヘら釣りでの

「ハリ合わせ」なんだと思う。
IMG_2253.jpg

私は、手巻き。

一本、一本、

(釣れますように)

と願いを込め、幡織るように巻いていく。

good lookingな、一本が出来上がった。

シジミのほうがよかったのに日記


にほんブログ村
ツン!

ブログ 何掬った?
な、なぁ、なにぃぃ?????!!!!!

大海原の大漁の底引き網か!

それとも玉網でシジミでも洗っているのか!

ブログ 大物?
答えは、じゃ~ん、へらでした。

それもかなりの大物!

水面の波立ちが、すんごいリアリティ!

ブログ 顔隠して
波を切り、顔隠してグングン進みます。

早く顔出せ。

口いっぱい空気を吸え。

やっと、浮いた!

やっと、浮いた!

ブログ アッパー

あぁ~っ、あぁ~っ、アッパーじゃん。

じゃぁ、先ほどのはアッパーを救ったの?

シジミじゃなく、アッパー?!

大漁底引き網じゃなく、アッパー!?

シジミのほうが、ずっとよかったのに日記でした。

プロフィール

釣ってんころりん

Author:釣ってんころりん
西田美明です。次世代に水と緑のメッセージをキャッチにアウトドアしています。宴(うたげ)も好きですので、「宴(えん)たけなわ」をもじって「縁(えん)たけなわ」で出会いを大切にしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそいらっしゃいませ

フリーエリア

http://www.morris-hera.jp/

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR